サマージャンボ宝くじが
購入代行できる宝くじ売場

大阪駅前第四ビル特設売場 大阪駅前第二ビルラッキーセンター 南海なんば(難波)駅構内1階売場 布施第二チャンスセンター JR天王寺駅構内1階宝くじ売場 大阪駅桜橋口(西口)宝くじ売場 大阪駅御堂筋口(東口)宝くじ売場

銀座・大阪宝くじ代行センターのブログ

大阪宝くじ代行センター宝くじ購入代行申込書

電話またはFAXによるお申込方法


購入代行スケジュール

第931回全国自冶宝くじ「サマージャンボ宝くじ」


  • 受付期間:6月6日(月)~8月4日(木)12時まで
  • 購入代行日:7月10日(日)・22日(金)・8/5(金)
  • 発売期間:7月5日(火)~8月5日(金)
  • 抽選日:8月17日(水)
  • 発売価格:1枚300円

※今回のジャンボ宝くじは、「ジャンボ」・「ミニ」の2種類が発売されます。
「ジャンボ」と「ミニ」の2種類の宝くじをお申込み頂いた場合は、合計した購入枚数分の代行手数料で
購入代行できます。

当選金額明細

  • 1等:500,000,000円×24本
  • 1等の前後賞:100,000,000円×48本
  • 1等の組違い賞:100,000円×2,376本
  • 2等:50,000円×2,400本
  • 3等:10,000円×240,000本
  • 4等:3,000円×2,400,000本
  • 5等:300円×24,000,000本

購入代行日

宝くじ売場 購入代行日 締切日時
第1回 大阪6売場 7月10日(日) 7月8日(金)12時
第2回 大阪7売場 7月22日(金) 7月21日(木)12時
第3回 大阪2売場 8月5日(金) 8月4日(木)12時
第4回 - - -
第5回 - - -


※第1回(7/10)は大阪駅前第二ビルラッキーセンターは定休日です。
※第3回(8/5)発売最終日は大阪駅前第四ビル特設売場と大阪駅前第二ビルラッキーセンターの2売場のみです。

発送予定日

発送予定日 到着予定日
第1回 7月15日(金) 7月17日(日)
第2回 7月29日(金) 7月31日(日)
第3回 8月8日(月) 8月10日(水)
第4回 - -
第5回 - -

宝くじ購入代行日の暦

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回
六曜 大安 大安 友引 - -
九星 九紫 六白 一白
- -
十干 - -
十二支 - -
旧暦 6/12 6/24 7/8 - -
十二直 - -
二十八宿 - -
その他 甲子の日 -
寅の日 - -


※第1回(7/10)は大阪駅前第二ビルラッキーセンターは定休日です。
※第3回(8/5)発売最終日は大阪駅前第四ビル特設売場と大阪駅前第二ビルラッキーセンターの2売場のみです。

暦(六曜・十二直・二十八宿)について

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
「大安」にも並ぶ縁起の良い吉日です。暦の選日のひとつで、一粒のモミ(種)が万倍に実り
大きな収穫をえることができるという意味の縁起のよい日の事です。
物事を始めるのによい日とされており開店・仕事始め・投資・種まきなどに「吉」となるとされています。

天赦日(てんしゃにち)
暦上最も縁起の良い吉日と言われています。天赦日は年間で5〜6回程度しかない貴重な日です。
天赦とは百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)すという意味で最高の吉日とされています。

巳の日(みのひ)
財運の弁財天に縁がある日で、12日に一度巡ってくる金運・財運に縁起が良いとされる日です。
巳の日に白蛇に願い事をすると、芸術や財運の神である弁財天に願いごとを届けてくれると言われています。

己巳の日(つちのとみのひ)
60日に一度巡ってくる己巳の日です。巳の日だけでも金運・財運に縁起が良いと言われれいますが
さらに「己」が加わることで、巳の日の中でもさらに縁起が良いとされています。

寅の日(とらのひ)
黄色でシマ模様の虎は金運の象徴でも12日に一度巡ってくる金運に縁起が良いとされる日です。
金運招来日とも言われており、吉日の中でも一番金運に縁がある日とも言われています。

甲子の日(きのえねのひ)
十干十二支で60日周期で一番最初にくる日なので、縁起が良い吉日とされています。
財運、金運、商売繁盛の神である大黒天と縁のある日と言われています。

新月(しんげつ)
新しい事を始めたり新しい物を使い始めるのが最適とされています。
目標を立てる日としても良好な日と言われ金運祈願には適した日とされています。

満月(まんげつ)
月のパワーが満ち足りている日です。満月の光には金運をアップさせ、お金を増やす力があります。

不成就日(ふじょうじゅび・ふじょうにちび)
この日は何事も成就しない日、何をやってもうまくいかない日です。

受死日(じゅしび・じゅしにち)
この日に病気になると必ず死ぬとも言われ他の暦注は一切見る必要がないと言われるほどの最悪の大凶日です。

十死日(じゅうしび・じゅうしにち)
十死一生日・天殺日とも言われ、受死日に次いで最悪の凶日です。

暦(六曜・十二直・二十八宿)について知りたい方はこちら